東京都内で神前式をするなら。

今、ちまたで話題になっているのが”神前式”。

芸能人も神前式で結婚式を挙げている方が徐々に増えているというところを見ても、ブームになっているのは間違いなさそうです。

東京で費用を抑えた和装結婚式を執り行いたいという方は、ぜひ『ラリアンス(http://www.lalliance.jp/wedding/plan/wa.html)』を候補に入れてください。

なんといっても最大の魅力が、その費用。

ゲストが30名様のプランで、980000円となっています。

これは和装と洋装の両方を含んでいるプランとなっており、非常に人気なんだそう。

ウエディングドレスと和装を両方楽しむことができるということも花嫁さんにとっては大満足できる要素ではないかと思います。

また、神前式の場合は神社を選べることができるのも特徴。

・湯島天神

・神田明神

・赤城神社

・赤坂氷川神社

・浅草神社

・牛嶋神社

となっており、特に今はアニメ「ラブライブ!」で一躍脚光を浴びている神田明神での挙式が人気なんだそうです。

見学予約は毎日行うことができるようなので、お二人のご都合に合わせるとよいでしょう。

ブライダルフェアにも積極的に参加してみてください。

上述の公式ホームページにて日程をチェックできます。

ぜひ、人生で一番幸せな日を、和で彩ってみませんか?

 
 

気持ちが伝えられる電報

今では携帯電話やインターネットによって連絡を取ることが当たり前となり、すぐに連絡できる方法としてだれもが利用するようになっています。このように便利になった世の中ですが、連絡しやすくなってからは言葉に味気のないものを感じるという人が増えているようです。

携帯電話やインターネットや電子メールは、最近普及したものです。それまでは、固定電話や手紙、電報などで連絡をしていたことから、いまのように安易に連絡するということはなかったといってよいでしょう。

しかし、今でも手紙や電報を使うことが増えています。これらは形に残るものとして人気があり、お祝いなどには最適な連絡方法として活用されるようになっています。

中でも最近の電報は、ぬいぐるみを使った電報が増えるようになり、キャラクター電報は、誕生日や入学、卒業を祝う方法として人気があります。

また、電報なら、普段は伝えられない気持ちを伝える方法としても最適とされ、最近はプロポーズを行なう方法としてよく使われているようです。このように今では使うことが少なくなった電報ですが、電報ならではの使い方が再び人気となっています。電報なら、伝えたくても伝えられない気持ちを伝えるには最適な方法です。